ツイッターで出会った音楽好き女の子と過激セフレ体験

グレープさん(29歳 男性 東京都 会社員)のポケモンGOでナンパしてリアルでセックスしたエッチ体験談です。

かれこれ5年以上ツイッターをしています。

最初は普通に仕事の不満などを綴っていたのですが、そんな事をしてもダイレクトメッセージをしてくる人などいないです。

偶に、同じような会社に不満有る男性から書き込みがありますが、そんなのを読んでも溜息しか出ないですよね。

でも、これは考えてみると当然で、仕事などの不満をどんなにツイートしても、若い子や女性は読んでくれないですし、興味がないのです。

そこで方向転換を決心し、数年前から音楽だけに特化したツイートを複数アカウントを駆使して、行うようになりました。

最初はジャニーズの某人気グループがアルバムを発売したら、新曲感想をツイートし、同じように洋楽ではジャスティンビーバーやワンダイレクションなどです。

とにかく、自分の趣味とは違っても、若い女性が気になるようなツイートを繰り返したのです。

すると、ある女性がダイレクトメッセージをよこしてきました。

その彼女と何度も連絡を取り合っていると、某洋楽アーティストのコンサートを一緒に行かないかと誘われたのです。

やっと、この日が来たかと嬉しい反面、私はそのアーティストにはまったく興味がありません。

そこで、私は東京在住だけど敢えて嘘をついて地方在住なので、ホテル代や飛行機代などでお金を掛かるので、もし泊めてくれるならぜひ行きたいと返事をしました。

出した時は、これでは拒否されると思ったのですが、相手の顔も分からないですし、コンサートに誘われるのは想定外だったので、ダメなら次の女性を探そうと思っていたからです。

しかし、何とツイッターだけのやり取りしかない相手を泊めてくれる、というのです。

これは何としても、興味ないコンサートでも我慢して、お泊りでの一夜を頑張るしかないですよね。

コンサートまでにお互いの顔写真を交換したり、電話などでも連絡を取り合い、いざ当日になりました。

もちろん、コンサート帰りに彼女のアパートに泊まり、お酒の力も借りて、何とか行為に及んだのですが、どうもしっくりくる感触はありませんでした。

それは、私が久しぶりの性行為と、彼女もどことなく仕方がない感もあったからです。

しかし、この最初のツイッターやり取りで性行為に及んだ事で味を占めて、私の快進撃が続く事になったのです。

コツとしては、女性が好きな音楽で男性ファンが少なそうで、少しマニアックなものが良いです。

某パンクバンドの女性ファンと知り合った時は、最初は相手の派手なファッションに引いたのですが、これが実はチャンスなのです。

その子とは、居酒屋とトイレやライブハウスの裏など、あらゆるところで性行為や途中まで行いました。

特にパンクファッションだと、見た目が派手ですが、経験浅い子が多いのです。

当たり前ですが、派手でも化粧を落として裸になれば、普通の日本人女性なのです。

こんな子ほど従順に、私の命令を聞くのです。

多分、向こうもそれを期待して楽しんでいるのでしょう。

パンクファッションは、ボンテージのような格好もファッションとしてあるので、より過激に肌を露出させた服装にします。

そして私はスーツ姿なので、そのギャップでもちょっと怪しい二人ですよね。

ある時は、その子と高速バスに乗り、ちょっとした旅行に出かけたのですが、その時はずっとバスの席で、本番のような行為をしていました。

パンク好きの子は多少過激な事をしても、それを拒否すると、音楽の信念までが曲げられたと勘違いをするので、とても扱いやすいです。

コートやブーツを履いているのに、中はほとんで薄いファッションなので直ぐに触りやすいのも、とても良かったです。

もちろん、バス車内でも口でやってくれますし、他にもグッズなども使っても問題ありません。

とてもツイッターだけで知り合った関係だとは、他人が見たら思わないでしょうね。

因みに、私は最後まで彼女の本名やどこに住んでいるかは、知りませんでした。これが、ツイッターやSNSの良い面で、魅力的なところです。

コメントを残す

CAPTCHA


このページの先頭へ