やれる女子大生の特徴と見分け方を真剣に検証してみた

ヤレる女子大生の特徴を理解するためには、大学生の学生生活をリアルに知っておく必要があります。それさえ完璧に理解できれば、あなたが大学生でも社会人でも、ヤレる女子大生を一発で見分けられるようになります。

女子大生の日常を知る

勉強が忙しい

あなたは、今時の女子大生がどのくらい忙しい日々を送っているか、知っていますか?

「どうせ大学生なんて遊んでるだけでしょ?」と思っているあなたは、大間違い。

ある意味、社会人として働いているOLさんよりも、学生である女子大生の方が遥かに多忙な日々を送っているんです。

まずは、女子大生は忙しいという特徴を理解するのがセックスへの近道です。

やれる女子大生と聞くと、ビッチなヤリマンを想像する人も多いのではないでしょうか。

ところが、やれる女子大生に限って、真面目です。

週に最低でも5日は学校に通わなければなりませんし、人によっては週に6日も授業が詰まっているパターンもあります。

しかも、ただ授業に出ればよいのではなく、それぞれの授業には課題があり、さらにはレポートがいくつも重なり、おまけに中間テストや期末テストの対策も同時進行で進めなければ単位を落としてしまいます。

女子大生は、ただ遊んでいるだけに見えて、もの凄く忙しいんです。

また、言うまでもありませんが、そんな忙しい日々の合間を縫って、アルバイトをしています。

デリヘルなどの風俗や、ガールズバーなどの水商売をする女子大生もいますが、一般的な女子大生の全国平均から統計的に見れば例外。

普通の女子大生は居酒屋などのいわゆるブラック企業で酷使され、疲弊しているのが現実です。

やれる女子大生を見分ける方法は、まず大前提として、このような背景を理解している必要があります。

毎日忙しいために時間がなく、お金もなく、恋愛やファッションに気を使うゆとりもない女子大生は、毎年入学シーズンの4月から5月にかけて、たった1ヶ月で急増しているんです。

それは、当然のことながら大きなストレスとなり、それは発散されることなくその女子大生の肉体に溜まっているんです。

そしてそれこそが、「やれる女子大生」そのものなんです。

まずは、その特徴を知ってください。

バイトが忙しい

繰り返しになりますが、女子大生は、基本的にバイトをしています。

ただでさえ課題やレポートに追われているのに、それに追い打ちをかけるようにお金を稼がなければならないのです。

理由はもちろん、欲しい物や、遊びたいという単純な理由から。

毎日学校へ着て行く洋服をはじめ、それなりに名の知れたブランドのバッグを一つや二つもっていなければ、「恥ずかしい」という心理があるからです。

女子大生のバイトと言っても、キャバクラやガールズバーといった水商売系よりも、コンビニやファミレスといったごく普通のバイトをする学生が多いのも特徴。

今の女子大生は、意外と真面目なんです。

ところが、そんな普通のバイトで稼げる時給など、たかが知れたもの。

午前中にバイトをして、午後から授業に出て、夜は別のバイトをするというハードスケジュールの女子大生も、よくある女子大生のあるあるです。

つまり、女子大生とは、学校も忙しい、バイトも忙しいという、社会人よりも疲弊している現状があるということを理解しておいてください。

ヤレる女子大生は、そんな忙しすぎる大学生の、裏の顔とも言える姿なのです。

出会いがない

意外に思えるかもしれませんが、大学の中には出会いがありません。

正確に言うと、出会いはあるんですが、深い関わりになる人間関係は作れないというのが現実です。

その理由は簡単。

意外と、他の学生との接点がないからです。

同じ学年の異性と、毎週同じ授業に出ていても、会話をする機会は皆無です。

基本的に、授業が始まる直前に教室に到着し、授業が終われば一斉に散っていくからです。

女子大生は、授業に忙しく、バイトにも忙しい生活の中、高校時代のように休み時間にだらだらと長話をするような暇はなく、ましてや異性と恋愛をする余裕などなくなっているんです。

そんな余裕があったら、もっとバイトを入れたい、仲のいい友達と飲みに行きたい、早く帰って寝たいというのが、本音なのです。

女子大生の本音を知る

アプリの出会いが当たり前

やれる女子大生を見分けたいという人に、もう一つ知っておいて欲しい大きな特徴があります。

それは、今時の女子大生にとって、アプリという場は出会いの場として定着しているという事実です。

「大学生なんだから、学校にいくらでも出会いがあるのでは?」と勘違いしているあなたは、古いです。

学校の中だから、異性とは関わらないのです。

その理由は簡単。

学校の中では、人間関係がめんどくさいからです。

同じ大学や同じサークル内で男女の関係に発展した場合、一瞬でその情報は他の学生にも知られます。

もちろん、本気で恋愛をしているのなら他の学生に知られて困ることなどありません。

しかし、問題は別れた後なんです。

いくら最初は本気で付き合っていたとしても、ほぼ必ず別れは訪れます。

しかし、ある特定の男子と付き合ったという事実、言い換えるなら、ある男子とセックスしたという事実が知れ渡ってしまった以上、次の恋愛がどれほど困難かは言うまでもありません。

だから、普通の大学生なら学内で恋愛などしたがらないのが普通なんです。

しかし、繰り返しになりますが、女子大生といっても人間です。

男子学生と同じように性欲もあり、オナニーも一人前にしています。

ましてや、大学への進学で上京した一人暮らしの女子大生は、ローターやバイブを自ら通販で買い、ネットの無料動画をオカズにオナニーするなど当たり前の現実なんです。

繰り返しになりますが、やれる女子大生とは、見方を変えれば、「やりたがってる女子大生」と言うことも可能なんです。

社会人が恋愛対象になる

女子大生は、あるタイミングになると、急に恋愛対象が広がります。

そのあるタイミングとは、ずばり、1年生の夏休みです。

大学に入学したばかりの1年生は、つい数ヶ月前までは高校生なので、当然のことながら恋愛対象は同級生に限られます。

年上が好きな女子であっても、せいぜい1個や2個上の先輩までで、10個以上も年の離れた社会人など恋愛の対象ではありません。

しかし、大学生は、入学してしばらくすると、バイトをはじめます。

もちろん、高校生の頃からバイトをしている人もいますが、多くの大学生が、大学生活に余裕の出てきた春から夏にかけてアルバイトをスタートするのです。

そして、そのバイト先にこそ、これまで接点のなかった社会人の異性との接点がつくられます。

詳細は後述しますが、女子大生は大人の男性に憧れるパターンがあるので、必然的に社会人が恋愛対象となり、ヤレる女子大生という姿が明確になっていくのです。

まずは、女子大生が大学に入学し、半年、1年と学生生活を送る中で、そのような心理的な変化を迎えているという事実を押さえておいてください。

ぶっちゃけセックスしたい

社会人にとっては、想像もつかないかもしれませんが、女子大生というのは、驚くほどセックスに対するハードルが低いというのもまた特徴の一つとして挙げられます。

例えばこんな女子大生がいました。

その子は音楽好きで、しかもジャズを聞くというちょっと大人びた趣味を持った子でした。

しかも聞くところによると、父親がお酒好きで、日本酒からワイン、ウイスキーに至るまで飲んだ経験があるとのこと。

そこでジャズの生演奏をしているバーに誘ってみたところ、大学生にとって初体験のデートスポットに即決し、生演奏を前にお酒も進んでほろ酔いに。

なに一つ口説く必要もなく、その日にお持ち帰りして生でセックスをしました。

翌朝、本人は「黒歴史作っちゃった(笑)」なんて言っていましたが、それ以来セフレ的な関係が続いています。

ここで一つお気づきでしょうか?

セックスをするために、口説いていないという事実です。

ここで断言しますが、女子大生は、セックスへのハードルが低いです。

ましてや、アプリを使えばやれる女子大生をゲットするのも簡単です。

ただ一つ、セックスに移行する秘訣があるとすれば、一人ひとりの個性に応じた誘い方をすべきということ。

そこさえ間違えなければ、僕なら100%セックスできます。

女子大生は年齢やタイプによって特徴が様々。

その特徴を正しく理解することが、やれる女子大生を見分けるスタートラインです。

男子と女子の違いを知る

男子大学生は女より金

今の男子大学生は、一昔前の言葉を使うならば、草食と言えます。

もちろん、男性にはそれなりの性欲がありますが、生身の女性と恋愛するよりも、オナニーで満たすだけで十分なのです。

それよりも、男子が興味を持っているのは、お金です。

女子と同じく、男子も高校生から大学生になると、今までにはなかった交友関係が広がり、そこにはお金を稼いでいる先輩や、セミナーなど新しい世界が広がっています。

男子にとって、彼女を作ってセックスをするという好奇心よりも、お金を稼いで大儲けするという好奇心の方が上をいっているのです。

事実、彼女は必要ないと断言している男子大学生の多いこと。

これは、彼氏が欲しい女子大生にとっては大問題ですが、そんな状況こそが、ヤレる女子大生を生み出している遠因になっているのです。

大学は女余りの買い手市場

繰り返しになりますが、大学という場は、彼氏を作りたい女子大生と、彼女は必要ない男子大学生の、すれ違いの場と化しています。

もちろん、彼女を作りたい男子も中にはいるので、まったくゼロではありません。

そんな、彼女が欲しい大学生にとっては、ヤリたい放題の買い手市場と言えます。

しかし、狭い大学というコミュニティの中で、見事に相思相愛でマッチするカップルはごく一部。

ほとんどの女子大生は、恋愛をする時間も相手もなく、やがてその矛先は社会人へと向かい、ヤレる女子大生が完成するのです。

これが日本の現実です。

社会人男性がモテる理由

では、女子大生から見て、社会人男性がモテる理由はなんなのでしょうか。

もちろん、大学の中に出会いがなく、バイト先をはじめとした社会人しか異性との接点がないという点が挙げられます。

しかし、それだけではありません。

そもそも、女子大生は大人の男性に憧れるものです。

それは、同級生があまりにも子供っぽく見えるからかもしれないですし、テレビなどの影響もあるかもしれません。

どちらにしても、同い年の子供っぽい男子よりも、精神的にも経済的にも余裕のある、社会人男性に憧れを抱くようになるものなのです。

もちろん、バイト先にそのチャンスがあれば、たとえ相手が既婚者であったとしても、セックスを許してしまします。

もはや、自分がヤレる女子大生と見られているかどうかは関係ないのです。

セフレでもいいから結ばれたい。

それが純粋な恋愛感情でもあり、ヤレる女子大生の姿なのです。

ヤレる女子大生は簡単に見分けがつく

見た目の特徴

ヤレる女子大生の特徴は、見た目によく表れます。

例えば、世間ではそこそこ可愛いタイプなのに、服装や化粧がどことなく雑でだらしない雰囲気を持っているものです。

そして、夏になると極端に露出度が上がったり、逆に、流行りにまったく乗れずに地味なままの女子大生も、またヤレる女子大生の特徴と言えます。

行動の特徴

ヤレる女子大生は、その行動にも特徴が表れます。

特に目立つのは、SNS依存で、人と会話をしている最中でも、常にインスタグラムやツイッターをチェックしてしまい、友人の投稿を把握しなければ気が収まりません。

常に誰かとつながっていなければ不安になるために、対面している異性との距離感が異様に近いなどの分かりやすい特徴も目立ちます。

性格の特徴

また、性格の特徴も顕著です。

女友達よりも男友達を優先するタイプや、やたらとネガティブな発言をする子、そして、自分の話ばかりする子や、逆に人の意見にすぐ流されてしまうタイプなど、知ってしまうと一発で見分けられるのも、またヤレる女子大生の特徴と言えます。

このような、ヤレる女子大生の見分け方については、別の記事で全パターンを紹介したいと思います。


PAGE TOP